面接当日の体験入店

風俗用語の一つであります、「単発勤務」というものが存在します。
あまり耳にする言葉でないと思われますが、簡単にいってしまうと「体験入店」のことになります。

経験者の女の子にはもちろん、風俗業界を一度引退して風俗業界に復帰するにあたりお店を変えようと思っている女の子、現役の風俗嬢でお店を移ろうと考えている女の子、どういう立場の人にとってもこの「体験入店」はありがたい仕組みなのです。
どうせ風俗店を探すなら、少しでも自分にとって居心地のいい優良店を見つけたいと誰しもが思っているものです。

ですが、そう簡単に自分に合うお店が見つかればそんな楽な話はないと思われます。
「体験入店」には大きく分けると、「面接当日の体験入店」と「面接後日の体験入店」の二つに分けられてきます。
では、この「面接当日の体験入店」というのはどういったことなのでしょうか。
忙しい時間を作って面接を受け、その場で即採用となった女の子がその勢いのまますぐにお仕事、という具合にいきなり「体験入店」をするパターンをいいます。

ただ風俗店は普通のお仕事と違い、働く前にいろいろと準備や用意するものがあり、原則には入店準備が終わらないと「体験入店」はできない形となっているのです。
具体的には、お店で働くにあたり知っておかなければいけないルールなどの説明や写真撮影、講習DVD視聴などを済ませてからの「体験入店」となります。
一連の入店準備作業の所要時間は、お店やその時の状況により前後しますが、大体1時間~2時間あたりといったところでしょうか。
つまり、面接当日の「体験入店」を希望する場合は、面接後に行う入店準備の所要時間も計算に入れて面接時間を設定する必要があるのです。

Copyright © 2014 単発勤務という風俗体験入店について All Rights Reserved.